これまでいろいろな会社の経営者の方やWEB担当者の方とお話させていただきましたが、効果を出すという攻めの部分ばかり意識している方が多いように感じます。

攻めの部分でお困りでしたら、ハルリにご依頼いただければ、パフォーマンスの高いホームページの制作やWEBコンサルティングで効率的なホームページの運営をすることができます。

もちろん攻めの部分も大切ですが、ハルリでは攻めと守りの両方を兼ね備えたホームページをご提供しています。

最近のブログで、LighthousePageSpeed Insightsで、ハルリが他のホームページ制作会社と比べて、かなりパフォーマンスの高いホームページを制作できることはご理解いただけたと思いますので、それを踏まえて今回はWordPressの守りの部分について改めて書きたいと思います。

守りができていないとリスクがある

攻めができても、守りがしっかりできていなければ、マイナスの影響が出る場合があります。

守りで大切なのは次の3つです。

  1. 外部の攻撃に対するセキュリティ
  2. 内部セキュリティ
  3. わかりやすいUI(ユーザーインターフェイス)

1、外部の攻撃に対するセキュリティ

最も意識しなくてはいけないのは、外部の攻撃に対するセキュリティです。

このブログで何度も書いていますが、特にWordPressは不正ログインのスパム攻撃を受ける可能性が非常に高いです。

不正にログインされてしまうと、サイトの改ざんやウィルスを仕込まれてしまうなど、重大な被害を受ける危険性があり、そのような被害を受けてしまうと、せっかくホームページで効果が出ても、台無しになってしまうので、WordPrssを使うならしっかりとセキュリティも行うようにしましょう。

「不正ログインの攻撃を受ける可能性が高いのでWordPressを使うのはやめましょう」と言っている制作会社もいますが、それはしっかりとしたセキュリティをしない(できない)からで、スパマーがどのように攻撃をしてくるかを理解して、それに対するセキュリティをしっかり行えば、まず不正ログインされることはありません。

だから、ハルリではWordPressをお使いのお客様には、セキュリティの強化をおすすめしており、ホームページの保守サービスで、セキュリティ対策も行っています。

2、内部セキュリティ

内部の人間に対するセキュリティです。

当然ですが、内部の人間を疑う訳ではありません。

ただ、WordPressもシステム一つです。

そして、システムを構築する際に、内部のセキュリティも行うのは基本中の基本です。

これは内部の人間が悪意のある操作をすることを防ぐよりも、誤った操作をしてしまうことを防ぐ意味合いが大きいです。

これまで様々な会社のWEBに携わらせていただいて、内部の社員の方が悪意のある操作をしたケースは一度もありませんでしたが、誤操作でホームページがおかしくなってしまったケースは何度もあります。

誤操作でおかしくなってしまった場合、元に戻すためにコストが掛かったり、一定期間ホームページが正常に表示されないといった事態に陥ることがあります。

ハルリではお客様にとってベストなプランをご提案するようにしていますので、ハルリにご依頼いただいた際に、ご予算が限られているお客様の場合、内部セキュリティを必須にしていませんが、できるだけ内部セキュリティも導入することをおすすめしています。

外部だけではなく、内部に対しても万全のセキュリティを構築することで、より確実性の高いセキュリティを構築することができます。

3、わかりやすいUI(ユーザーインターフェイス)

これは一見守りに見えないかもしれませんが、これまでの経験でお客様のWEB担当者が変わるということがあり、しっかりと業務の引き継ぎができればいいですが、細部までしっかり引き継ぎができなかったケースを何度も見てきました。

わかりやすいUIにすることで、WEB担当者の方が変わっても早く操作に慣れることができ、そして引き継ぎの業務が楽になることで、WEB担当者が変わる際のコストも削減することができます。

また、前項の誤操作もわかりやすいUIにすることで防ぐことができるようになります。

さらに、わかりやすいUIになることで、操作性が良くなり、業務の効率化にも繋がります。

このようにわかりやすいUIにすることは、メリットが非常に大きいです。

ハルリが行っているわかりやすいUIをご紹介いたします。

通常はこのようになっています。

管理者権限の管理画面

それをこのように、表示される項目を普段使うものだけにすることで、誤操作を減らし、迷ったり探したりすることがなくなるため、業務の効率化にも繋がります。

投稿者権限をカスタマイズした管理画面

この違いは些細なことかもしれませんが、これがいくつも記事を書いているうちに、積もり積もって大きな違いになっていきます。

この辺りは実際にお使いいただければご理解いただけるかと思います。

まとめ

ホームページを運営していく上で、もちろん攻めの部分も大切ですが、守りの部分も大切です。

ハルリでは、パフォーマンスだけでなく、このようにしっかりと守りも行うホームページを制作しております。

ハイレベルな攻めと守りを両立したホームページの制作は、札幌のホームページ制作・Wordpressのハルリにお任せください。